整理整頓系男子の日常

いろんな人と旅をして、おしゃべりをして美味しいものを食べるんです(^^)

【保存版】顔出し不要ラジオ!ツイキャスライブ配信のコツ!喋り方やリスナーの増やし方まとめ

f:id:ev_traveler:20181225112516j:plain

モイ!げんきです。この記事では最近人気のライブ配信サービス、ツイキャスのコツについて書いていきます!

目次

 

皆さん、情報発信していますか?友達いわく、インプットの量はアウトプットの量に比例する。だそうです。

何かを発信するということはアウトプットと言えるので、その分だけ学びや新たなことを知識として取り込む機会や頻度、質も向上すると思われます!

 

ちなみに冒頭のモイ、というのは今話題の(少し前かも?)「ツイートキャスティング」の配信通知を行った際に頭につく接頭辞になります!

モイ!というのはネットライブ配信の挨拶として定着していますが元々はフィンランドで「こんにちは」という意味だそうです!

ツイキャスの社長がフィンランドへ訪れた際に気に入った言葉なんだそうです。ちなみに「さようなら」は「モイモイ」だそうです!なんだか可愛いですね♪

 

ぼくは最近、ツイートキャスティング、略してツイキャスを始めてみました!初めての配信はそれはもう緊張したものですが、総合視聴者数は10人

コメントをしてくださって、一緒に楽しんでもらえた方は2人。という結果となりました!好調な出だしですね♪なぜ好調かというと、実は初めてのツイキャスを行なった後に、味をしめて2回目のツイキャスを開始したのですが、、、

なんと誰も訪問してくれず、視聴者数0人で10分が経過するという残酷な事態になってしまいました。10分経った時点で待つのが辛くなり、配信を終了しました。

誰もいない画面を見ながらトークを続けるというのは地獄のように辛いものだったので、次からはちゃんとリスナーの増える配信のポイントを守りつつライブ配信をしていきたいと思います♪

 

そもそも始めたきっかけはTwitterのフォロワーさんである@おばけさんがぼくが高速バスに乗っている時にツイキャスを初めて配信する。ということだったので聞いてみたんです。

おばけ (@ruimarusuke) | Twitter

何人かのコメントとともにおばけさんの軽快なトークが楽しく、バスの時間も有意義に過ごせました。同じように、バスに乗ってて暇な時間がある、例えば学生さんなどに人気のサービスですので、僕がやってみたとしてもいくらか聞いてくれるだろうなという確信がありました。

そして僕は普段から会話のネタをネタ帳にメモしているので、話題には困らないだろうなとも思いましたし、トークの練習になるならそれも嬉しいなと思いまして始めようと決心したわけです。

 

さて、この記事ではそんなツイキャスの初歩的な使い方および話し方、リスナーの増やし方から人気のキャス主さんの紹介までを書いていきたいと思います。

ただしラジオ限定です!ぼくは顔出しをしていないので、顔出しをせずにライブ配信を行っています。一般的にラジオよりも顔出しライブ配信の方が人気が出やすいという傾向にあるようですが、ラジオユーザーでも楽しく配信ができるようなコツを紹介していきたいと思います♪

また今回はスマートフォン向けアプリの説明になります。

 

ツイキャスの他にもたくさんのライブ配信サービスがあります。ここでは名前だけですが一部をご紹介しますね。例えばニコ生、Ustream、Abema、instagramFacebookライブ、YouTubeライブ、mixchannel liveなどがあります。

今回はその中でも配信を開始するまでが非常にスムーズで早く簡単なツイキャスについてご紹介します。ちなみにツイキャスはそのユーザ数が1600万人を超えたそうです。

twitcasting.tv

 

ツイキャスの始め方>

まずはツイキャスアプリを入れましょう。スマートフォン向けにアプリが公開されていますのでインストールして起動してください。

play.google.com

 

次に、会員登録をしてください。この辺りの基本的な操作は省略します。会員登録ができたらプロフィールを登録していきましょう。

プロフィールが無いと検索していただいた時に該当する配信者なのかどうかがわかりませんから、まずは登録しましょう。ハンドルネームで構いません。

 

画像も登録しておいた方がいいですね。ツイッターや他のSNSをしている方は同じアイコンにしておくとわかりやすいと思います。

そして配信画面ヘッダー部分のサムネイルを登録しましょう。サムネイルは配信者の個性を表します。もちろんデフォルトのままでも配信は可能ですが、個性があった方が印象に残りやすいですし、何より賑やかになりますよね♪

 

f:id:ev_traveler:20181225111941j:plain

プロフィール登録画面

 

そして、ある程度プロフィールが埋まったら配信の準備に入りましょう。今回はラジオ配信(音声のみ)を対象とした記事なので、ラジオ配信の設定を行います。

f:id:ev_traveler:20181225112225j:plain

配信方法の切り替え

この画像の「標準」と表示されている部分をタップして「ラジオ配信モード」もしくは「ラジオ」と書かれた項目をタップして選択しましょう。

これでラジオ配信モードへの設定が完了です。(ただし本配信を行う前にカメラ動画やインカメラでの自分の顔が表示されていないかの確認もお忘れなく

 

f:id:ev_traveler:20181225113939j:plain

サムネイルを登録しましょう

なぜ顔出しをしないかをここで語りますと、やはり個人情報としてネット上に残ってしまうから。というのが一番の理由になります。

ツイキャス自体は揮発性が高いので30分経つともう見られないようになるのですが、それでも顔を出してるとスクリーンショットをされて、個人特定されるリスクは常に伴います

またカメラに不要な個人情報が写り込んでしまったりもします。それは画像だけでなく、声の中にも含まれるでしょう。

 

そう言った様々なリスクを管理するために僕は普段からネット上に顔を出さないようにして住所はもちろん名前もハンドルネームなどで隠すようにしています。

もちろんハンドルネームで浸透していけばいいなと思っていますし、それは長く使っていく予定なのですが、本名は流石に、Googleのインデックスに載るのさえ怖いなと思っています。

 

顔出しのリスクとしてはこんなところでしょうか。あと安心してください、ラジオ配信者でも人気者になるチャンスはあります。

僕の友人はずっと顔を隠してブログをしていて、ツイッターも顔出しNGのスタンスを貫いていました。しかし顔を出さないだけにツイート内容やブログ記事の内容でブランディングして勝負して、今ではあの葉加瀬太郎さんとラジオ共演するほどに出世しました。ツイッターやブログもバズり、海外を飛び回って生活しています。僕の憧れです。

 

また、少し脱線しますが顔出し以外にも個人情報流出のリスクとしてAmazonほしい物リストが挙げられます。

ほしい物リストの公開自体は問題がないのですが、配送元がアマゾン以外の場合、配送先の住所が通知されてしまう恐れがあるようです。

これで住所を特定される事件も起きているようなので十分気をつけてくださいね。

 

<配信の始め方>

モイ!配信の準備も整いました。しかし実際配信を始めた場合、そのコンテンツとなる話の内容、ネタはどうしましょうか。もちろん何も決めずに配信を開始して思いつくままにお話を勧める方もいらっしゃいます。

それはそれでいいと思います!ただ、あらかじめ大筋だけでいいので話す内容、テーマ、ネタ、話題を決めておくとよりスムーズで楽しい配信が可能になると僕は考えています。

僕の場合は先ほども書きましたが面白ネタ帳のメモストックを作っているので話す内容には困りません。

 

日々の出来事や頭の中で面白いなー楽しいなーと感じたことをスマートフォンのメモアプリに記録しているのです。

もちろん手帳やメモ帳でも録音でも構いません。あと、それが実際に面白いのかどうかもあまり問題ではありません。

何よりも自分自身で考えた自分だけのコンテンツを届けることを目的にしましょう。笑い、ウケ、オチの有無など難しいことは考えずに、日記のようにメモを取ることでその中に一つや二つでも面白い話が紛れているものです。そう期待しましょう。

 

本題に戻りますと、あらかじめメモを取っておくことで話す内容を決めることができます。中身となるコンテンツが決まったので、あと用意するものは挨拶、締めの挨拶ですね。

挨拶は配信をスタートした時点での挨拶と、訪問者(リスナー)が来た時に毎回する挨拶になります。

例えば「モイ!これから配信を開始します。時間は30分程度で、話す内容は〇〇などになります。ちょっとでも聞いて行っていただけたら幸いです。よろしくお願いします。」これを配信スタートの挨拶とすると、

「リスナーさん訪問ありがとうございます。ゆるっと丸々について話しています。よかったらコメントして行ってくださいね〜。」これがリスナーさんが来た際に毎回する挨拶になります。(ちょっと言葉が硬いので適宜変えてくださいね)

 

この2つを決めておくと、テンパったりせずにスムーズに配信ができますね。次に決めるのは締めの挨拶です。始まりがあれば終わりがあるもの。

ツイキャスの配信は基本的には30分のようです。終わりが近づいた頃、おそらく話も佳境に入り盛り上がっていることと思いますが、終わらせにかかりましょう。30分を過ぎると無慈悲にも接続は途切れてしまいます

 

締めの挨拶としては「そろそろ30分が経とうとしています。今日は〇〇について語りました!コメントでは××について質問や意見がありました!みなさんありがとうございました。また見てくださいね。それでは、モイモイ!」

このようなものが考えられると思います。ここでのポイントは話したコンテンツの内容を復習してリスナーに印象付けること、そしてコメントを遡ってどのようなコメントがあったかを復習し、リスナーさんの当事者意識を喚起することが挙げられます。

 

もう一点。準備しておきたいのはタイマーです。タイムマネジメントライブストリーミングする上で非常に重要な要素だと思われます。

配信は30分とあらかじめ決められていますので、どのタイミングでどの話をしていくのか、どのタイミングで締めの挨拶をして残りの時間をどう過ごすのか、などを決めておくとよりスムーズに配信が行えると思われます。

 

例えば僕は1回目の配信の時、始まりの5〜10分はツイキャスの使い方を確かめながらいろんな部分を触ってみて反応を伺っていました。

そして15分ごろに自己紹介と最近ハマってること、その時は漫画について語るようにしました。そしてリスナーさんとの交流があり、締めの挨拶を終了3分前には終えてしまって、残りはグダグダになってもいいやというスタンスで配信をしました。

このように予め大まかな流れを作っておくと本当に楽に配信できるのでオススメです。

 

ここまでで配信のポイントはほとんど抑えられました。次は基本に戻って、どうすればリスナーが来るのかを書いていきます。

まぁ、簡単に言えばツイッターで呼びかける。が正解なのですが。詳しく言いますと、ツイートキャスティング自体はツイッターと相性が良いようです。名前もツイートですし。何らかの関連があるのでしょう。

ツイキャスの配信を始めるとすぐに、「モイ!ツイキャス配信を始めました」というコメントが表示されます。これをツイッターに流す(ツイートする)ことでタイムラインでそれを目にしたフォロワーさんがリスナーさんとして訪問してくる。という流れになります。

 

ということは、リスナーさんの数はツイッターフォロワーさんの数に依存するということになります。普段から仲の良いフォロワーさんに加えて新しいフォロワーさんも開拓してくスタイルを取ることでリスナーさんも自然に増加するという仕組みになります。

 

そしてついに、30分の配信が始まります。ここまで読んでいただけたということは、挨拶の文章を考えていたり、話す内容を考えていたり、時間配分もきっちり決まっているものと思われます。自信を持って配信を楽しみましょう

 

配信中のポイントとしては、コメントで自己紹介を促すことです。せっかく視聴者として訪問していただいても、何も言わずに帰ってしまう人が多いので、そういった人を留めるには主体性を持たせることが重要だと考えます。

コメントしていただくことで自分もこの配信の一つの要素なんだと気付いていただくことが目的になります。そしてコメントをいただいたら反応しましょう。

 

主に配信の内容は二つに分かれます。一つは自分が決めた内容でメモを見ながらでもいいので喋ること。二つ目はコメントへの対応と交流になります。

むしろ二つ目の交流がメインになることもあるでしょう。人気配信者はその塩梅がうまく、二つを使い分けています。

 

さらにうまく配信しようと思ったら注意したいのは沈黙を作らないということです。沈黙が多いと自然とリスナーさんは離れてしまいます。

話すことがない人やテンパってしまう人にありがちですが沈黙は避けるようにしてください。例えば、BGMをかけておくのも一つの手だと思います。

レストランでのディナーも静かな音楽が流れていますよね。あれは料理中の沈黙を避けるためだと言われています。ホームパーティなどでも取り入れられる簡単な方法なので是非試してみてくださいね♪

 

また、途中から参加されるリスナーさんのためにテロップで今何をしているのかを提示するのも忘れないでください。僕はあまり使ってませんがアンケート機能もあるようです。この辺りも模索してみてくださいね。

 

配信中に気になる点として、お茶や拍手などのリスナーからのアクションがあります。これは配信者側はあまり気にしなくても良いのですが、リスナーはポイントやMPと呼ばれるものを消費してアクションしているので、ありがとうとお礼は言っておいたほうがいいでしょう。

 

<配信終了後>

さて、配信はうまくいったでしょうか?手応えがあった方もそうでない方も、朗報があります。

実はツイキャスでは自分のライブ配信を録画して保存することができます。ライブボタンから終了した際に「録画を保存」という項目があると思います。そちらをタップして保存しておきましょう!

そしてそれを復習として自分で聞いてみましょう!かなりの勉強になります。自分でよく喋れたなと思うところや、こう言った方が良かったなと思うところがあると思います。

それを次に活かせばいいのです。次の配信へのモチベーションにもなりますよね♪ぜひご活用ください。

 

また余談になりますが配信のゴールデンタイムは21〜24時とされています。学生さんや社会人の方もツイッターなどに現れる時間帯です。

多くの有名キャス主さんは22時スタートのキャスが多いとされています。ここら辺も取り入れていけたらよりより配信ライフが送れるのではないでしょうか♪

 

最後に、配信のリスナーさんを増やすコツとしては定期的、定時に配信を続けることになります。

人は習慣の生き物ですので、毎日配信されている方がいれば毎日行こうかなと思うものです。その心理を利用しましょう。またツイッターなどで配信時刻を予告するのもいいですね♪

 


以上でツイキャスの始め方、配信の準備、配信終了後の復習についての説明を終わります。

もう一度配信のコツを復習すると話をまとめておいて、時間を決めておくこと。沈黙を作らずコメントへの対応も含めること。などが挙げられます。

 

一般人でも配信が簡単にできるようになった今、インフルエンサーに憧れる方にはぴったりのサービスだと思います。

またゆるゆると個人的に配信を行い人にとっても有効な記事になったのではないかなと思います。

様々なリスクについても説明しましたので、これらを参考にしてぜひ楽しいライブ配信ライフを送っていただけたらと思います♪最後まで読んでいただきありがとうございました!


この記事を読んだ方にはこれらの記事もオススメです。

 

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp