整理整頓系男子の日常

いろんな人と旅をして、おしゃべりをして美味しいものを食べるんです(^^)

【失敗しないオシャレな髪型に】ホットペッパービューティーのポイント、ヘアカタログ隠し小技使い方まとめ

f:id:ev_traveler:20181227185706j:plain

こんにちは!げんきです。最近パーマをかけたいなと思いましてホットペッパービューティーを利用しました。調べてみるとあんまりホットペッパービューティー使い方が書いてある記事が少ない

それだけ簡単に誰でも使えるサイトということでもありますが、今回はどこにも書いていない小技などをまとめましたので最後まで読んでいただけると嬉しいですし、きっと役に立つと思います。よろしくお願いします。

 

ネット検索したところ、ホットペッパービューティー(以下略してHPB)では年間予約3千万件、登録サロン3万店舗。1ヶ月あたりの予約は92.6件/店舗だそうです。それだけサイトの人気が伺えますね。ただし一部ではサロンにとってのコストが大きいことから脱HPBがささやかれているそうです。

確かに個人サロンですとコストが大きいことも頷けますね。しかしお金をかけてでも検索のトップに情報を表示するために各サロンは努力しているのです。

 

ホットペッパービューティー使い方まとめ

さて、HPBにはたくさんの小技があるのをご存知ですか?例えば予約は何日先まで可能なのか、とかリクルートポイントをより多く貯めるには?といったことです。

多くの方は一番最初に出てきた美容室を選んで予約する。という方もいらっしゃるようです。しかしもっと詳しく検索をかけたり注文をすることでより良い、失敗しないサロン選びができることを伝えたいと思います。

 

それではHPBの基本的な使い方についてご紹介します。まずリクルートIDを登録しましょう。この辺りは見ていただければ普段通りにメールアドレスなどを登録するだけですので割愛します。次に全国のサロンからお住いの地域のサロンを探しましょう。

お店の選び方のポイントとしてはお店の雰囲気、モデルさん、スタイリストさん、クーポンと値段。これらが要素として挙がってくると思います。一つ一つ解説していきましょう。


まずお店の雰囲気ですね。これはお店の名前、店内の雰囲気イメージ写真を元に自分の好みかどうかを判別していくと思います。

 

次にモデルさん。スタイルという項目を見ていただければわかると思いますがそのサロンでカットしていただいたりスタイリングしていただいたモデルさんが一覧で載っています。ここから好みのスタイルを見つけてブックマークしておきましょう。

 

そしてスタイリストさん。実は先ほどスタイリングを選択してブックマークしてくださいと言いましたが、個人的に好みというのは同じスタイリストさんのものに偏るという確率が高いと思っています。

つまりブックマークした髪型に共通するスタイリストさんが自分が一番好みのスタイリストさんだということになります。こうして好みのスタイリストさんを探し出しましょう。

もちろんスタイリストさんの外見が好きとかでもいいと思います。またスタイルストさんによってはインスタやブログを書いている人がいますのでそちらも参考にされるといいと思います。

 

最後にクーポンと値段。初来店ですとお安くなるクーポンがたくさんあると思います。しかし通うことも考えたら基本的なカットのお値段が自分に合っているかどうかも考慮すると良いと思われます。

 

<予約方法>

それでは次に予約方法についてご紹介します。項目としては日付、スタイリストさんの選択、基本情報の入力があります。一つずつ解説していきましょう。

 

まず日付。これはおそらく直近のものになると思われますが、人によっては都合がつきづらく、1ヶ月先の予約をするという方もおられます。自分もたまにそうしています。ではどのくらい先まで予約は可能なのでしょうか。

調べてみましょう。僕がよく行く北九州の美容室について調べてみます。今日は12/27で、予約可能な日付は3/27まででした。

f:id:ev_traveler:20181227190655p:plain

日付選択の画面



この場合は3ヶ月は大丈夫ということですね。ただし、別の美容室で調べてみたところなんと2週間先までしか予約できませんでした。

つまりサロンによってその予約可能期間は異なるということがわかりました。自分が行きたいサロンの予約をよく見てみるといいですね。うっかりして間違わないように気をつけてくださいね^^。

 

次にスタイリストさんの選択画面が現れると思います。ここでは先ほどブックマークしたスタイルからスタイリストさんを選び終わっていると思うのでそのまま選択してください。

ただしスタイリストさんによっては指名料が追加される場合がありますのでご注意ください。

 

次に基本情報の入力画面になります。ここでは電話番号などを入力するのですが、実はポイントがあります。それは3つ。

  1. 理想の髪型をブックマークから選択して伝えておくことができるということ。
  2. わからないことは質問しメールで返信があるということ。
  3. 静かに過ごしたい場合はその旨を項目として選択すること。

 

それぞれ解説しますと、まずお客様情報入力の画面に電話番号などを登録後サロンからの質問の下部分に「詳細要望を入力する(任意)」という項目がありますのでクリックしてください。するとドロップダウンで項目が現れます。

f:id:ev_traveler:20181227190713p:plain

詳細要望の選択

項目としては「カウンセリングで知りたいこと」「接客への要望」「料金について」「ご意見ご要望」「なりたいイメージ」などがあります。

 

1つ目のポイントはなりたいイメージ。なりたいスタイルを画像でお伝えすることができます。これはそのサロンのスタイルもしくはブックマークしているスタイルの中から選択することが可能です。

f:id:ev_traveler:20181227190730p:plain

髪型をブックマークから選択


パーマをかけたいけどどんなふうになるのかわからない時や、カラーの色のイメージはあるけど言葉で伝えられないと言った時に有効な手段になります。

もちろん自分が好きな有名人の写真や昔の自分の写真などを持ち込んでもいいと思います。

 

2つ目のポイントとしてはご意見ご要望のフォーム欄に質問事項を記載しておけばそれを読んだスタイリストさんから直接メールが届くということです。

直接と言ってもサロンのメールからですが、僕の場合は駐車場や駐輪場は近くにあるか、無料か。と言ったことやパーマにカットは含まれるのかと言ったことを質問したところ注文完了のメールに質問への回答が記載してあり非常に安心いたしました。

 

そして3つ目のポイントは静かに過ごしたい場合。これは多くの人が困っている問題だと思います。なぜなら美容師さんは一般的におしゃべりな方が多く、それに負けじと多弁になって後から疲れを感じる。と言ったことが僕の周りでも頻繁に起きているからです。

これを解決する策はあらかじめ静かに過ごしたいという旨を相手に伝えておくことだと思います。そしてそれを叶えるのが、詳細要望の欄にある接客への要望項目です。「なるべく話したい」「静かに過ごしたい」「特にこだわらない」の3つから選択することができますので、静かに過ごしたいを選択しておきましょう。

 

<スタイリング当日の流れ>

そして予約日時当日。サロンへは5分前を目安に到着しましょう。早すぎてもちゃんと対応してくれるはずです。サロンによっては少し待ち時間が発生する場所もあると思います。遅れる場合は電話しましょう

当日キャンセルはキャンセル費用がかかるところもあるようですのでご注意ください。サロンについたら名前を告げ、カットなりパーマなりカラーなりをしていただきましょう。カット中に喋ることに困ったら僕の持論ですがネタ帳を書いておくといいですよ。

 

そしてスタイリング終了後、ポイントが貯まります。利用額の2%が基本的にPontaポイントとして貯まるようになっています。これは5千円使ったら100ptたまるという計算になりますね。

さらにポイントが欲しいと思われる方はリクルートカードを作りましょう。これはクレジットカードになります。より多くのポイントがたまり合計3.2~4.0%のポイントがつくようになります。

貯まったポイントはサロン予約の際に使用を選択することで100~3000ptまで値引きが可能になります。

 

スタイリング終了後、帰宅したらおそらくサロンからメールが届くことと思われます。サンクスメールと呼ばれるこのメールにはサロンへの口コミを依頼する旨が記載されていると思います。

HPBサイト上で点数と感想を口コミしてみましょう。通常は審査があり2~10日で掲載されるようです。

 

<まとめ>

以上でホットペッパービューティーの使い方を一覧でお伝えしました。目新しいポイントとしては詳細要望の「理想の髪型」「静かにしたい時」「ご意見ご要望」があるのではないでしょうか。

これらを使いこなしてよいサロンライフをお送りください。

 

この記事を見た方はこちらの記事がおすすめです。

 

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp

ev-traveler.hatenablog.jp